上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
9月1日。
今日は、三種類目のワクチンを接種しました。

抗体を調べて、値が小さかった三種類のワクチン。
これで、すべて接種終了です。

確認~。
百日咳     → 抗体あり
麻疹(はしか) → なし 7月にワクチン接種
風疹       → 抗体あり
ムンプス(おたふくかぜ) → なし 8月にワクチン接種
水痘(みずぼうそう)    → なし 9月にワクチン接種


訓練所で接種するもの
A型肝炎
B型肝炎
破傷風
狂犬病
その他、派遣場所による


今後派遣予定の方で、ワクチン接種を受けたい方は早めに医療機関にご相談ください。
生ワクチンは28日間に一種類しか接種できないので、
計画的に打たないと予想以上に時間的余裕がありません。


あとは、余裕があれば季節性インフルエンザワクチンを接種しておきたい。
どうなるかな。


それにしても、訓練所入所前の提出書類が多すぎ!
書類提出ミスとかありそうで、怖い。
怒られた人とかいるみたい

ベンガル語まだ全然勉強してないのに、ベンガル語の作文を書かなくちゃいけないし。
表敬先どうしよう・・・
などなど、
考えることがいっぱいです。

まぁ、なんとかなるか。
スポンサーサイト
2009.09.01 Tue l JOCV準備 l コメント (0) トラックバック (0) l top
8月28日に、JOCVより書類が4枚届いた。

所定のHPにある書類を印刷して提出しなさい・・・とのこと。
印刷枚数は全部で70数枚。
プリンターが頑張ってました。


結局、一週間かかってようやく書類が揃い、提出できそうです。
研修中の方々は大変かも。

それらの書類の中で、
表敬訪問変更届を出してみました。
派遣直前の実家所在地ではなく、
できれば、今住んでいる都道府県に表敬訪問したいと思ってます。
JOCV派遣が決まるまで、この県のスタッフの方々には大変お世話になったので、
挨拶をちゃんとしておかなくちゃ。
変更届が無事に受理されるといいな。


あと少しで、いよいよ訓練開始です。
あっ、その前にあと少しちゃんと働いて、引き継ぎを終わらせます。
とうとう、退職か・・・と、少し寂しくもありますが。


今後の予定
・入所時の交通手段+宿の確保
・引っ越し準備&引っ越し
・仕事の引き継ぎ
・歯科検診+眼科受診
・現職参加の届け出書類の確認
(退職参加なんだけど、退職日が訓練開始後になるため)


訓練入所後・・・
・退職証明書の提出
・ハローワークで失業手当受給延長手続き+教育給付金受給延長手続き

他に忘れてることはないかな?
2009.09.03 Thu l JOCV準備 l コメント (3) トラックバック (0) l top
訓練所入所のための飛行機を予約しました。
前日の宿も駒ケ根のYHに予約。
前泊組のためのパーティ?があるみたいです。

あとはもう少ししたら、移動のためのバスの予約と。。。。
訓練所入所後に考えている、日曜日に行く旅行の予約。

やばい、遊ぶことしか考えてないかも(笑)
ちゃんと語学勉強しなきゃ

訓練用と派遣後用に点眼薬を購入。
全部で4本/1箱×50箱。
総額21,000円。
これでもかなり安くしてもらったんだけどね。
バングラでも買えるみたいなんだけど、慣れるまでの分として。
それにしても、目のためとは言え、痛い出費だよ・・・。


今日は雨のため体力作りはできなかった。
三日坊主にならないように、公言しておきます。
2009.09.04 Fri l JOCV準備 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ワクチンの優先順位が決まったみたいですね。

今、季節性のインフルエンザワクチンのための準備をしています。
なにしろ、確保量が今のところいつもの8割程度。
いつも打たれる方の分がぎりぎりです。
季節性も足りないかも・・・といわれているのです。


新型インフルエンザワクチンは、作り方・使用方法は季節性ワクチンと同じようです。
副作用は・・・まだ治験をしていないので、正確なところはわかっていないと思います。
ふだんのワクチンよりも少し発熱や発赤頻度が高くなるのではないかと思っていますが、どうかな?

基本的なQ&Aは以下のHPをご参照ください。
インフルエンザ情報センター
http://influenza.elan.ne.jp/index.php
国立感染症研究所
http://www.nih.go.jp/niid/index.html

今のところ、強毒性を持っていないので、妊婦さん、10代以下の方や基礎疾患のある方、高齢者など以外では罹っても重症化しないようですね。
ただ、保健婦さんの死亡もあるので、かかった場合は、絶対に一人にならない対処が必要だと思います。
(重症化した時にすぐに気づいてもらえるように!)

ワクチンが打てないからと言って、かかった時に皆すぐ死亡するということではないので安心してください。

なによりも、やっぱり感染症の基本、手洗いうがいをこまめにするのがいいようです。
2009.09.05 Sat l 伝えたいこと l コメント (0) トラックバック (0) l top
最近、同僚などからも聞かれたことがあったので、書いておきます。

・新型インフルエンザの潜伏期間(感染してるけど、症状の出ていない期間)は?
→1~10日(一般的には2~5日)と言われています。
 季節性のインフルエンザの実感としては2~4日位が多いのではないでしょうか。

休校措置が3日とか1週間単位でとられているのは、この潜伏期間が目安になっているのではないかと思います。
なので、感染拡大阻止の観点からは1日の休校措置ではあまり効果はないでしょうね。

潜伏期間はあくまでも症状の出ていない期間です。
症状が出ているけど、確定診断できないこともあるので注意が必要です。


ただ、確定診断せずにタミフルを疑わしい症状のあるすべての人に投与するというのは意見の分かれるところだと思います。
なぜかというと、すでにタミフル耐性ウイルスが生じているためです。
インフルエンザでない人に抗ウイルス薬を使用すると、どうしてもこの耐性ウイルスの発生を促進してしまうのです。
実際に強毒性が流行し始めた時に、その強毒性ウイルスがタミフル・リレンザ耐性ウイルスだとすると、打つてがなくなるのです。
一応、日本では今、もう一種類の抗インフルエンザ薬を開発中(臨床試験中?承認待ち?未確認です)ですので、最後の砦はその薬になるかもしれませんね。

今後の厚生労働省の判断に注目です。
(妊婦さんに関しては、疑わしきは投与する、ですね!)

それから、すでにタミフル・リレンザともに供給制限がかかってます。
当院は足りるのかな?
もともと、鳥インフルエンザ用に政府や都道府県、各医療機関が確保してるから大丈夫だとは思いますけど。
きちんとあらかじめ対応していた国や都道府県関係者には、個人的にも感謝しています。
2009.09.07 Mon l 伝えたいこと l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。