上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
怒涛の2週間がようやく終わりました。
協力隊で、最初からこんなに忙しいのは珍しいみたいです。

麻疹キャンペーンは9カ月から5歳未満の子供たちに麻疹を投与するキャンペーンです。
それに加えて0日から5歳未満の子供たちにポリオワクチンも与えます。

2月28日最終日は本気でベンガル人を怒ってしまいました。

あるワクチン接種所に行くと、ワクチン接種所は多くの人が来ていました。
順番に打っていないため、きちんと待っている子供たちは全く打ていない状態。
その列に一人の男性が割り込み、女性が注意していました。
男性は逆切れして、手を振り上げていました。
私は周りの男性陣と一緒になって男性の手をがっしり握って、日本語で怒ってしまいました。
怒られた男性はちょっとびっくりしてたみたいです。

列になるように言い、大人しくなったので、入り口で一人一人部屋へ入れる仕事を手伝いました。
列は男性と女性と別々に作られていました。
その男性は自分の子供の番が終わると、あっけらかんとして言いました。
「男女一人ずつ、交互に入ればいいんだよ」
自分はどうなん!と、ちょっと呆れましたが、いい案だったの取り入れました。

イスラム教国のバングラデシュ。
ここは保守的な村だったみたいです。
1列になって!
そのことの難しさを感じた一日でした。
スポンサーサイト
2010.03.02 Tue l EPIの活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
麻疹キャンペーン、終わりました。
EPIのみなさん、お疲れ様でした。

キャンペーン中は文化の違いに戸惑ったり、子供たちの笑顔に勇気をもらったり、一緒に遊んだりと楽しく過ごせました。
体力的には…結構ハードな2週間でした。
そんな月もありますよね。
あっちに行って、こっちに行って、と働いてくれたドライバーさんにも感謝です!

キャンペーン終了後は、各ウポジェラへ報告書を渡してきました。
二人で支えてきた活動なので、できれば二人で渡したかったので、プロジェクト車の使用も延長してもらいました。
停電というハプニングもあり、印刷で渡せなかったところもあったのですが、この報告書が次につながることを願ってます。

それから、今日ようやく部屋の契約書もいただき、家賃代の請求ができそうです。
“明日までにもらわないと、3月分の住宅費が払えない。”
この言葉を聞いて、ようやく重い腰を上げてくれる、そんなバングラの人々です。
流れに乗ると、早いんだけどね。
(バングラデシュはほとんどの隊員が家賃をJICAに負担していただいています)

今日からはダッカに来ています。
今、報告書をまとめているところです。
報告書や住宅手当関係の書類など、作らなくてはいけないのがいっぱいですが…。
なんとかなるかな。

ダッカの日々も楽しみます☆


追記)私のカウンターパートはCSOですが、ようやく新しい方が決まったみたいです。
どんな方なんだろう…。
2010.03.03 Wed l EPIの活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
3月はダッカでのんびり?過ごしています。

報告書やたまっていた提出書類の山を片付けたり、先輩方の有意義な話を伺ったりと、充実した日々です。


注射会場を回った車
DSC04178_convert_20100307235721.jpg


子供たちとの触れ合い
DSC04286_convert_20100308000718.jpg

来週は任地の予定です。
2010.03.08 Mon l EPIの活動 l コメント (2) トラックバック (0) l top
今日は保健局(保健省?)のEPI-HQへ行ってきました。

首都に上がってきていますが、一応お仕事をしています。

ダッカのいい点は日本食を買えること!
今日の夜ご飯はちらしずしとざるそばでした。
つゆを買える場所を見つけたので、今後もなんとかお蕎麦やそうめんが楽しめそうです♪

バングラデシュでは最近イチゴも買えるんですよ。
以前、日本で大学に通っていた某大学の教授さんが暑いバングラでも育つイチゴを開発したそうです。
JOCVの村落隊員さんが今、農家さんのイチゴ作りを手伝っているのです。

バングラデシュでも、ジャムを作ってみました
P3101279_convert_20100310040159.jpg
↑↑ジャムを作っているところ
ここバングラでもジャムが作れるなんて贅沢☆☆
これが製品化して、農家さんの収入が少しでも増えるなら、お手伝いしたいです。

イチゴ以外のジャムも試してみたいと思ってます♪

あんぱん活動は…どうしましょう。
パンの作り方をどなたか教えてください
2010.03.10 Wed l バングラの生活 l コメント (6) トラックバック (0) l top
今日、土曜日は廃棄物処理場見学に行ってきました。
JICAの専門家さんにお願いして、連れて行っていただきました。

バングラデシュでもゴミは大きな問題です。
JICAの支援が入ってから、処理場も適切に運営しています。
処理場からでる汚水も適切に処理されているのが印象的でした。

P3131292_convert_20100313204322.jpg
↑↑廃棄物処理場の入り口
 入口で重さを測ります。出口で車のタイヤを洗います。

P3131301_convert_20100313205049.jpg
↑↑ダッカ市の職員さんたち。
 彼らがこの処理場の運営を担います。

P3131317_convert_20100313205558.jpg
↑↑ゴミの中からガラスや金属などを探して売ります。
彼らへの待遇は良いようで、処理場の水道やトイレの使用を許しているそうです。
子供たちの姿もあったのは印象的でした。

P3131323_convert_20100313205952.jpg
↑↑JICAのプロジェクトで入れた(?)医療廃棄物専用運搬車。
オートクレーブや焼却炉を取り入れた医療廃棄物処理場がありました。
有料で回収しているとのことです。
Feniなどとは比べ物にならないほど、しっかりした設備です。

P3131306-2_convert_20100313210709.jpg
↑↑綺麗な鳥なので、思わずシャッターを切りました。
名前は…知りません!
2010.03.13 Sat l バングラの生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。