上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2010年11月1日(月曜日)

語学研修へ行き、EPI-HQへ行ったりMeeitngを行い、それからみんなの活動を手伝って、任地に帰ってきました。
帰ってきて早々、オフィスの人に言われました。

オフィス(赴任先:県保健衛生事務所)にほとんどいないじゃないか、JICA事務所に言いつけるよ!

確かに、私はオフィスにはほとんどいない。
活動のメインは、県ではなく、郡単位。

自分の目標として、2日に1回は郡へ行くことにしている。
毎月最低1回は各郡・ポールショバ(計7か所)行くようにしている。

郡へ行く際は、朝から行くので、オフィスへは行けない。
帰ってからオフィスへ行くと、ほとんど誰もいない。

会議のため、ダッカへあがることも度々。

そう言われても仕方ないな、と思います。

でも、やっぱり、結局、まだきちんとオフィスのメンバーとコミュニケーションが取れていないのだと反省。
8月は任国外で、9月は体調不良と会議等であまり活動が出来ず、オフィスに報告書を出していなかった。

10月はSirに報告書を提出した。(残念ながら、英語で^^;)
もちろん、実質上のカウンターパートEPI-SIへも。


自分自身ではうまくコミュニケーション取れてるつもりだったけど、
バングラデシュ人の感覚と日本人の感覚はやっぱり異なる。

今後も連携を密にしつつ、時にはEPI-SIを外に連れ出して、オフィスを巻き込んだ活動をしなきゃ。
反省した1日でした。
スポンサーサイト
2010.11.07 Sun l EPIの活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2010年11月3日(水曜日) 日本は文化の日?

先輩の任地、Comillaへ行ってきました。
とはいっても、待ち合わせ場所Chouddagramは任地から車で40分くらい。
ComillaはFeniの北にあるお隣の県です。

今回の目的は、先輩の活動見学と2011年1月に来る隊員への引き継ぎのための情報収集。
1月に派遣予定の後輩隊員と先輩隊員とは、任期が重ならないので直接引き継ぎが出来ないのです。

以前はフィールド調整員という方がいらしたので、その方が引き継ぎを兼ねたアドバイスをしてくれたのですが、2010年3月にその方が帰られてから、この制度が廃止。
引き継ぎを含めた、アドバイスをする方がおらず、隊員同士補っていくことになったのです。

そこで、11月と12月、2日間に分けて、情報収集を兼ねた見学に行こうと思い立ちました。
先輩隊員も快く了承。
今回、訪ねることにしました。

今日は、IPCと来月この地域で行われる予定のモップアップキャンペーンのためのレジスター作りの活動を見学。
テキパキとベンガル人に指導する姿が印象的でした!

PB031277.jpg
ComillaのNangolkot郡、Nanglokot Unionにて


帰りは、Comillaの街中へ戻り、おいしいレストランで舌鼓☆
PB031280.jpg
その名も、「ベンガルレストラン」
名前に似合わず、中華料理やタイ料理、ケバブ等中東料理も食べれます。
Feniにもこれくらいのおいしい料理屋さんが欲しいです!!

ここでの、私の一押しは、スペシャルナン^^
デザート感覚で、ぜひお試しください☆


追記)今日は嬉しい話も。
予防接種について某NGOで話をしてほしいという、お誘いを受けました。
一番忙しい頃なので、私自身は参加できないかもしれないけれど、こういうお話をいただけるのは、EPI隊員としてとてもうれしい限りです!
可能な限り、準備をして臨みたいと思います^^
2010.11.07 Sun l EPIの活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2010年11月5日・6日(金・土曜日)

5日に予定されていたダワット(お呼ばれ食事会)が中止になったので、南隣りの県チッタゴンへ遊びに行ってきました。
チッタゴンへは4月以来の訪問。
久しぶりでした☆

ここでは、村落隊員で健康教育を実施している隊員の活動を見学。
悩みながらも、少しずつ活動が前進している様子を見れて、とても刺激を受けました!!
PB061298.jpg
チッタゴン県の某郡小学校にて

活動を見た後は、ロブスターやえびのトルカリをおいしくいただきました^^

お腹いっぱいになったところで、私の今回のメイン目的♪
PB061338.jpg
キャラメルポップコーン(35TK)!!
バングラではキャラメル味のポップコーンはここだけなんです!
4月上旬以降、材料がなくて食べれなかったのですが、つい最近復活しました☆
少し荒かったけど、ピーチのスムージー(70Tk)もおいしかった。
GCモール近くのお店3Fです☆

夜は保健隊員やEPI隊員で集まって、丘の上の本格的な中華料理をいただきました。

チッタゴンに来ると、食べすぎちゃうのは、仕方ないことなのかな^^;
食べ物尽くしの旅でした~♪
2010.11.07 Sun l EPI以外の活動 l コメント (2) トラックバック (0) l top
2010年11月12日~20日まで、イードの長期休暇を利用して、バングラデシュ南西部を旅行してきました。
今回は、そのお話を数回に分けて書いてみようと思います。

派遣313日目は2010年11月13日。

ダッカからバスで移動。コロバニイード前なので、長距離バスなのに満員…。
そんなバスでラッシャヒへ降り立ち、隣の県ナラヤゴンジ県にある遺跡群を見に行ってきました。

この遺跡群は、バングラデシュとインドに広がる遺跡群で、国境近くにあります。

まずは、ショナモスジット。
ラッシャヒからバスでとことこ3時間くらい。
なにもない所にちょこんと現れる遺跡、それがショナモスジットでした。
(詳細は地球の歩き方参照)
PB131292.jpg

PB131303.jpg
入り口のおじさん。
ただ、座ってお金を請求してくる。(払わなくても男性は入れます)

私は女性なので、中に入ることはできないのですが、その雰囲気だけは味わうことができました^^


近くのトルカリ屋さんで昼食を食べ、リキシャで数分先のトハカナへ
PB131319.jpg
トハカナは、昔の偉い人の別荘の一つらしいです。
写真はそのうちのモスクの写真。他にも色々な建物があります。
広い園内はきちんと手入れが行き届いていて、ベンガル人のピクニックスポットになっているようです。
モスジットの敷地内に入ったら、怒られました^^;
気をつけてください。


その後、リキシャで国境方面へ数分走り、左に折れ、小高い丘へ。
ダラシバリモスジット(たぶん)
PB131332.jpg

PB131334.jpg
この日に見た中で一番、遺跡っぽい場所。
なにもない所に、ぽつんと立っていて、時間の流れを感じさせてくれる場所です。
私はここが一番おすすめ。
ただ問題は、本当にここがダラシバリモスジットかどうかが分からないことですが^^;


せっかくなのでと、国境まで足を運んできました。
ゴウル。 この国境は貨物のみ行き来出来ます。
PB131354.jpg
看板には、ここでバングラデシュは終わりです、と書かれています。
中央の旗はインドの国旗♪
軍人さんにぎりぎりのラインで止められながら写真を撮ってみました^^


ここからラッシャヒへの帰りは、行きと同じバスの復路。
バスの本数はかなり少ないようです。
注意が必要です^^;

イードが近いこともあって、バスの上には普段見慣れないものが…。
PB131370.jpg
相乗りしたのは、ヤギさん達。
大きすぎて上に運べないヤギは、バス車内にも。
あと何日かの命。
そこは、考えない方がいいのかなー。


帰りのバス乗車中、JICAオフィスから、翌日14日にホルタルが行われるという連絡がありました。
そのため、JOCVは翌日、自宅待機の指示。
家(滞在先)から出ることを禁止されてしまいました。

ホルタル中はバスもほとんどストップします。

そのため、予定を変更して、明日行く予定だったシルクのサリー工場へ見学に行ってきました。
ラッシャヒシルクは、バングラデシュでは有名なんです♪
PB131393.jpg
(ハテカジ=手作業)
サリーをたくさん買いたかったけど、予算の都合で、2着に断念。
1着2100TKのシルクのサリーを2着買いました☆
合計4200Tk(約5500円)
この値段は小学校の先生たちの1ヵ月の給料とほぼ同額。
日本円なら安いけど、バングラでは高級品です!!


今回の旅は、こんな感じで始まりました^^
明日は翌日の話が出来るかな~♪

この日はラッシャヒ在住のJOCVの家にお邪魔して、久しぶりのキチュリをいただきました^^
キチュリの作り方を教わったので、今度作ってみます☆

注意)1Tk=約1.3円で計算。
2010.11.23 Tue l バングラの旅 l コメント (2) トラックバック (0) l top
派遣314日目 2010年11月14日(日曜日)
今日はホルタルのため、自宅待機に。

ラッシャヒの街も、朝から静かで、リキシャがちらほらと追っている程度。
バスはほぼ終日運休。

仕方ないので、家で大人しくして、落ち着いてからお邪魔した隊員の職場へ行ってきました。
近いので、用心しながらの出勤。
でも、日常生活が戻りつつありました^^
PB141403.jpg
女性のための職業訓練校(ラッシャヒ・モヒラTTC)
多くの少女たちが学んでいます。
今はイード休みで学生たちは不在でした^^;

その後、隊員の上司宅へ。
そこではラッシャヒ名物、カライルティに舌鼓。
PB141411.jpg
カライルティとは、辛いからじゃないですよー!
カライと言う豆の粉?を使って作ったルティの事です。
この家では米粉とカライの粉を混ぜて作っているので、歯ごたえばっちり…。
むしろ、硬かったー!
この歯ごたえがいいみたいです。

ラッシャヒの街は、普段の喧騒を取り戻しつつありました。
PB141443.jpg

午後には、外出禁止も撤回されたので、ポッタ川(インド名:ガンジス川)からの夕日をのんびり眺めました^^
PB141446.jpg


そうそう、ラッシャヒ周辺のチャって不思議なんです。
とてもまろやか、甘さも適度^^

理由は、これ。
PB141472.jpg
実はチャドカンで、牛乳入りのチャが飲めるんです。
かなり贅沢~♪
ラッシャヒへ行かれる際は、ぜひぜひチャドカンでおチャ飲んでくださいね☆


派遣315日目 11月15日(月曜日)
今日からバスが再開するので、朝8時過ぎにバスに乗り、約一時間。
プティヤへ向かいました。
(プティヤるテンプル・デクテチャイと言えば、下ろしてくれます^^)

プティヤはヒンドゥ寺院が一帯に広がる、小さな村です。
村の日常の中に寺院がある。
ヒンドゥ寺院のすぐ横には、モスクがある^^
なんだか、不思議な場所でした。
世界遺産にはなっていないけど、ここはバングラデシュの中でもお勧めの観光地だと思います!
PB151510.jpg

ヒンドゥ寺院内に住む女性。神にささげる料理でも作ってる…のかな?
PB151519.jpg

PB151542.jpg
寺院群は、池の周りにたくさんあります。
PB151546.jpg

プティヤの寺院群は中に入ることが出来ます。
ただし、管理人が鍵を持っているので、彼がいる時だけ。
隊員の方はラッシャヒ隊員が連絡先を知っているので、連絡を取るといいですよ^^
それ以外の方は…中に入れるかどうかはいっしゃーらー(神のみぞ知る)です。
見学後は、お礼を忘れずに☆

今回は、シヴァ寺院でのオヌスタンも見せてくれました。
連絡していくと、特典いっぱいです☆


当初、この日はクスティア観光の予定でしたが、ホルタルの影響でクスティア観光出来ず><
バスでクスティア経由でクルナへ。
クスティアまで約3時間、クスティアからクルナへは約5時間。
クルナでは、クルナ隊員の作った料理をご馳走になって、今日の一日が無事に終わりました。

バングラデシュの旅行は、日程に余裕を持って。
これは大事だね~♪

PB151576.jpg
イード前で、しかも前日はホルタルでバスが運休したため、どのバスも満席。
バスの屋根上も、人と荷物でごった返しています。


追記)ホルタルとは???
 ホルタルとは野党が政治的に反対する為の集会やデモ等を行うことです。
ホルタル自体はそこまで危なくないと言われていますが、(いや、危ない場合も多いけど)ホルタルに同じて、一部の民衆が暴徒化し、暴行や強盗、引ったくり、店舗の破壊等が行われることがあり、バス等公共交通機関はほぼストップします。
車が襲われて、窓ガラスが割れれるのはよくあることのようです。
 最近、政治的に不安定になってきています。
バングラデシュへの旅行を考えていらっしゃる方は、ホルタル情報には十分に注意してください。
でも、バングラデシュはホルタル・デモ、交通事故以外はとても安全な国です^^
2010.11.23 Tue l バングラの旅 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。