上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
スリランカで遺跡を堪能した後、モルディブへも行ってきました♪♪
スリランカへの飛行機代+5000円くらいで行けたので、立ち寄ってきました☆

とはいえ、予算はそこまでありません…^^;
そのため、リゾート島へは行かず、首都マーレと隊員の住む住民等へお邪魔してきました。

今回は首都マーレ編^^
IMG_9353.jpg
空港☆
空港の前はすぐに、海~!!

IMG_9361.jpg
首都マーレへは24時間営業している船で移動します。
モルディブは島国。
そのため、移動手段はほぼ船か水上飛行機になっちゃうんです・・・・。

モルディブも実はイスラム教の国です。
モルディブ人の100%がイスラム教徒。
IMG_9405.jpg

そのため、8月は断食月で日中はほとんどの飲食店が閉まってしまいます。
(もちろん、リゾート島を除く)

そこで、魚市場に行って買い物して、
IMG_9322.jpg
隊員ハウスの台所をお借りして調理してもらって、久しぶりに刺身を食べたりしました☆

時には贅沢に…
IMG_9394.jpg
空港島にあるホテルへ行き、ディナー♪
マーレではこのホテルで唯一アルコールが飲めます☆☆

モルディブ隊員はワークパーミッションを持っているのですが、そのカード、すごいんです。
カードを見せると、税金が免除になったり、ホテル代が安くなったり…
レストランのメニュー表の値段が半値以下になったりするんです。

さすが、観光大国!!

マーレでは隊員さんやJICAのローカルスタッフさん、日本語勉強中で日本語教師でもある現地の方などなどとお話しする機会がありました♪♪
楽しかったー^^

マーレ滞在中はHouse Cloverに宿泊。
日本のビジネスホテルみたいな感じですが、色々と無理を聞いてくれてとても助かりました☆

IMG_9423.jpg

日中はダイビング、夜はおしゃべり。
そんな感じで、マーレの日々は過ぎて行きました。

次回はダイビング編です♪
2011.09.05 Mon l 任国外旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top
P8250016.jpg

バングラへ帰国後バタバタしていたため、更新が遅くなりました…。
一応、活動もきちんとしてますよーw

今回は、モルディブ、ダイビング編。
今回お世話になったのは、『Dive club Maldives』
http://diveclubmaldives.com/about-us

P8250046.jpg

モルディブ隊員がハウジングとカメラを貸してくださって、海の中をとることが出来ました^^
私が持ってた、カメラは…壊れてしまったので(><)

P8250057.jpg

1日2本潜ったり、3本潜ったりと、まったりDive♪♪

友人2名は、私が潜ってないときに、1匹マンタを見ていたのですが、私は最終日まで見れなくて


最終日の1本目、念願のマンタを見ることが出来ました
P8270180.jpg
しかも^^ 合計 5匹!!!

かなりの大迫力!!!

感激しすぎて、1本のダイブなのに、上がったら空気残圧50^^;
流れが強くて、流されまいと必死だったからかな??

すぐ近くまで迫ってきて、その迫力ゆえに、食べられるのではないかと、少し恐怖を感じるくらいでした


P8270211.jpg
カメさんも見れたし♪

P8270221.jpg
ふぐもみたし♪

船の上ではイルカも見れたし♪♪

4日間、合計9ダイブ満喫してきました^^
モルディブのマーレでも十分、海を楽しめましたよー♪♪

一緒に潜ってくださった、ハウジングとカメラを貸してくださった隊員の皆さんー。
大変お世話になりました^^
2011.09.12 Mon l 任国外旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top
モルディブの首都マーレ周辺で、ダイビングを満喫したのち、住民の住む島Rashdoo島へ2泊3日で出かけてきました。

モルディブは多くの島からなる島国。
それぞれの島は用途が決められていて、リゾートがあるのはリゾート島、住民が住む島は住民島、カツオの缶詰工場のある島などなど、それぞれが分かれています。

同期隊員Sさんの住む島、Rashdoo島へお邪魔することになりました。
Rashdoo島へはマーレからスピードボートで約2時間。
ロンチ(普通の船)では約3時間半かかります。
IMG_9508.jpg
写真は帰りに乗ったロンチ。

島を一周するのに歩いて30分かからない小さな島で、住民は1200名くらい?
でも、県庁所在地にあたる島のようで、ATM等あり他の島より便利なのだそうです。
IMG_9501.jpg
街並み:右側の建物の1階がゲストハウスになっていて、そこに泊まりました☆

ほとんどの家が1階建てで、県庁所在地???という感じですw

モルディブはムスリムの国。
IMG_9445.jpg
しかも、ローダ(ロジャ:断食月)期間中。

夕方には、イフタルをいただきました。
IMG_9447.jpg

翌日はS隊員の職場、幼稚園を見学。
IMG_9432.jpg
子供たちの笑顔が可愛かった~。
先生、似合ってました^^

IMG_9489.jpg
午後はまったり、シュノーケリングしたり、街を散策したりして、過ごしました♪♪

S隊員の友人夫妻が、断食月でご飯が食べられない私たちを心配してくださり…
IMG_9490.jpg
断食月にもかかわらず、朝食や昼食を食べさせてくれました。

IMG_9441.jpg
ルティみたい~。ロシ(パン)とリハ(カレー)

無理行って、色々なモルディブの伝統料理を作っていただきました☆
IMG_9444.jpg
ガルディア。魚の雑炊みたいなもの。

IMG_9498.jpg
マスフニ(緑の方)と魚を煮詰めたリハークルとロシ。
結局、Rashdoo島の食事はすべて、このご夫婦の家にお世話になりました♪♪

私のおススメはマスフニとガルディア。
ガルディアはあっさり味で、油っけが少なく、食べやすかったー。
バングラにもこういうものがあればいいのに・・・・。

IMG_9474.jpg
朝日~☆

モルディブの住民島にお越しの際は、是非是非『じゅうご』を楽しんでください^^
色々な美味しい…まっ、これ以上は言わないことにしましょうw

IMG_6387.jpg
楽しかったー!!!


モルディブ、是非リゾート島だけでなく、住民島を覗いてみてください^^
素敵な笑顔の人々と出会えますよー。

隊員の特権かな☆

IMG_9516.jpg
その後、首都マーレへ戻り、スリランカ経由でバングラデシュに戻りました。
飛行機遅延、キャンセルが相次ぎ、アクシデント続きでしたが、なんとかなるものだね。
ミヒンランカ航空を使う方は、時間に余裕を持ってお越しくださいー。

しかし、しかし。
バングラデシュってやっぱり住みにくい国だなと、再確認できた旅でした・・・・。
2011.09.12 Mon l 任国外旅行 l コメント (2) トラックバック (0) l top
2011年9月3~5日。
我が家の元お隣さん、3階のご夫婦の息子さんが結婚されるため、結婚式がありました。

任国外旅行から帰り、久しぶりに家に帰ると・・・
IMG_9539.jpg
こんな感じ^^

ちなみに、テントの中は・・・
IMG_9538.jpg
こうなっています。


バングラの一般的な結婚式は3~4日間かかります。

① お婿さん側の結婚式
・ お婿さん側の家で、少人数の招待客を呼び、ご飯を食べたり、談笑したり、遊んだり。
 親族に、ケーキを食べさせあったり、振る舞ったりします。
IMG_9575.jpg
深夜2時には部屋へ戻りましたが、その後もずーっと音楽が鳴っていて賑やかでした。

② お嫁さん側の結婚式
・ お嫁さん側の家で・・・と書いておいて、実際に行ったことがないので詳細は不明。
  でも、たぶん。
  ①と同じ感じです。

①と②は同じ日にそれぞれの場所で行われることが多いようです。
お互いの親族(本人を除く)はそれぞれの状況を見に行きます。

③ 一般的な結婚式。(女性側が支払う)
・ 一般的にみんなが呼ばれるのはここです。
多くの方を招待して、ご飯を振る舞います。
この日、2人が顔を合わせます。
そして、お嫁さんは家族と離れ、一人、旦那さんの家へ行きます。
最近はほとんど、Comunity Center等で行われます。

私も、訪ねてみました。
IMG_9550.jpg
すごい人!!!

IMG_9554.jpg
一緒に初めて、ご飯を食べます。

そして、家へ・・・・
IMG_9566.jpg
ここでも、子供たちに囲まれ、大変そうでした。
お嫁さんって、疲れそう…。

*お嫁さんは結婚式では笑うことは許されません。
 ここで笑顔を見せると、家族と別れるのに心が優しくない人だと思われるからなんだとか。
 恋愛結婚は要注意!w

④ やっぱり、ご飯会^^(旦那さん側が支払う)
その翌日は、お嫁さんを迎え入れたお祝いが新郎側で行われました。
中華って聞いてたけど、やっぱり、トルカリとビリヤニでした^^
IMG_9583.jpg
海老のトルカリはやっぱり美味しかったー^^


バタバタとした3日間。
無事に終わって何より^^
2011.09.13 Tue l バングラの生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2011年9月7日(水曜日)

私の活動の一つに、TTワクチンの啓発があります。
TTは破傷風予防のためのワクチン。

日本では、全年齢を対象として実施し、10年に1度打つことで免疫を維持できると言われています。

バングラデシュでは、出生時の新生児破傷風の予防として、15歳~49歳までの女性を対象として、全5回接種しています。5回打てば、終生免疫を保たれるのだとか。(本当??)

Feni県での、子供の接種率は全国でも10位以内に入るほど素晴らしく、正直、活動開始後、なにしようかなーと考えていました。
しかし、女性のためのTTワクチンの接種率は(実際に調べることも難しいのですが・・・)HAなどワーカーさんからの話を聞く限りでも、決して高くはないと思いました。

そこで始めたのが、健康教育。


しかしここで壁が…。

私、大人相手の糖尿病教室などは担当したことがあったのですが、大多数の子供たちや思春期の生徒たちへの授業なんて、したことなかったのです^^;

そこで、まずは小学生たちを相手にした健康教育を実施。

少し自信を付けたら、思春期の女性たち(15歳前後)へ、破傷風のワクチンを含む様々な話が出来たらいいなーと漠然と思っていました。
思春期の子供たちはやっぱり、お年頃で、色々と気を使わないといけないことが多く、難しいですからね。


EPIの巡回や小学校・高校での啓発活動(ほとんど遊び・・・)の日々の中、BDPの学校でJOCSが思春期の女子高生たち(14歳前後)と先生達を対象とした講習を行うということで、誘っていただきました。

今回は、色々と議論するため、男性スタッフは立ち入り厳禁です!!!w
IMG_9604.jpg
トップバッターを務めさせていただきました^^

IMG_9627.jpg
内容が内容なので、やっぱり気を使いますねー。
助産師さんは伝え方がうまい!

IMG_9694.jpg
栄養の授業。
さすが、BDPの青少年活動隊員。
分かりやすく、考えさせる授業を作ってました。


午前中は女子高生だけ(先生達も入室禁止w)
午後は先生達だけ(男性は入室禁止w)で、実施しました。
こういうのもなかなかおもしろかったです^^


最後に、スタッフや先生達みんなでパペットショーを見ました。
テーマは【妊娠中はきちんと検診へ行こう!!】です。
IMG_9727.jpg
検診に行かない人が多いバングラデシュ。
その重要性を伝えるパペットショーを母子保健関連の隊員達が考え、村々で披露してきました。

IMG_9724.jpg
今回のショーが助産師隊員の最後の公演。
その最後の公演を見ることが出来て、本当に良かった。

IMG_9709.jpg
ありがとうございました。
そして、2年間、お疲れ様でした!!!


彼女たちから学んだことを、残り3カ月ちょっとの任期で活かしていきたいです。

それにしても、このパペットショー。
内容が分かりやすく、理解しやすかったです。
続けていく人がいないのは、なんだかもったいないなぁ・・・。
2011.09.14 Wed l EPI以外の活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。