上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
8月20日・21日は感染症対策の集合研修でした。

教えてくださる先生は、某短期大学の教授だったのですが、
とてもユニークな先生で、楽しく講義を受けることができました。

JOCVに参加される方に、先生が言われていたことは、
まず、健康であること。
途上国では、病気を過信せず、何か気になることがあれば、
すぐに必ず病院を受診すること。
無理はしないこと。
暇な時間を潰せる、趣味を持つこと。

=食事編=
食事の前には、必ず手を洗うこと!
生ものは食べない。
湯気がたっていない料理は断る。
信用できないアイスは食べない。
果物は皮がむいていないものを食べる。
水分補給はきちんとする。
水は一度沸騰させたものを飲む。
できれば、ペットボトルを二、三本持って行って、これをうまく利用する。
バングラでは川魚は絶対に生では食べないこと(原虫がいるため)
火を通せば大丈夫☆

=生活編=
トイレのあとは必ず手を洗うこと。
暑いからと言って、半そでを着ない。
本当に暑いときは、長袖の方が涼しいし、熱中症を防げる。
蚊にかまれない。
マラリアの蚊→ひざ下、特にくるぶしの下を隠すために長ズボン、靴下、靴をはく。
    できれば、日没以降は外出しない。蚊帳を正しく使う。
デング熱の蚊→日中に刺す。特に都会の病気。
       昼間でも長袖を着る。色の薄い服を着る。


海外生活を考えている方、途上国やバングラを訪れてみたいと考えている方も気を付けてくださいね。
バングラでもマラリアはいるみたいです。
でも、アフリカや太平洋の島国ほどは多くないみたい。

ただ、インド東部のある村で脳マラリアが流行した話などがあるので、
やっぱり注意が必要です。
マラリアは、日本人や乳幼児、妊婦さんなど免疫がない方弱い方が重症化しやすいようですよ。


海外旅行者のための感染症情報(厚生労働省検疫所)
http://www.forth.go.jp/tourist/kansen/kansen.html
関連記事
2009.08.23 Sun l JOCV準備 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
こんにちは。
バングラデシュでも年に数人の隊員はマラリアもしくはデング熱にかかります。
確かに都市部である首都のダッカで感染した人もいます。
雨の少ない冬の時期に多いです。(雨で流されないから水溜りが出来やすいから。)
支給される薬以外にも、バングラデシュの虫除けは効きが悪いので、
虫除けは持っていったほうが良いですよ。

上記の中で「湯気の立っていないものは断る」は難しいかもしれません。
右手でご飯を食べるので、熱々ではなく手で触れられるほど冷ましたもが
出てくるのが普通ですから。
2009.08.23 Sun l あだち. URL l 編集
Re: No title
あだちさん。
ありがとうございます。
年に数人マラリアやテング熱にかかるのであれば、結構高頻度ですね。
虫よけ持っていこうと思います。

バングラでは右手でご飯を食べるんでしたね。
すっかり忘れていました。
だから、バングラ隊員は下痢になりやすいのでしょうね。

アイスクリームのおいしいお店があるそうなので、
少しはおなかを鍛えていかなくては☆
2009.08.23 Sun l nonnbiriikou. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nonnbiriikou1.blog85.fc2.com/tb.php/12-84821ed8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。