上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
早いもので、赴任して約半年。
来週は先輩隊員の帰国と新隊員の到着と、後輩EPI隊員も赴任してきます。

楽しみですが、今までの半年を振り返ると、出来たことと出来なかったことなど、
ごちゃごちゃです。
方向性はまだまだ定まってないし、ベンガル語も中途半端。

焦っても仕方ないけどね。


さて、バングラは美味しい果物でいっぱいです!
でも、食べすぎには注意みたいですw

左手に湿疹ができたのですが、リンデロンVGを塗っても広がっていくばかり。
最終的には両手、腕、顔まで湿疹が。。。

1週間後に首都の病院に行くと、「疥癬(かいせん)」との診断。

疥癬って、皮膚内にダニが住んでるっていう意味です。
確かにかゆいけど、免疫下がってないし、そもそもマンゴー食べてからだし・・・。

健康管理員に相談し、処方薬のアレルギーの飲み薬(ジルテック?)とベトネベートNだけを使用し、現在鎮静化中です。

明らかにマンゴーアレルギーなのに、疥癬って言われても…。
でも、もし本当に疥癬なら・・・嫌だなぁ。

途上国の医療って、なかなか難しいです。
任地の医療機関を探さなくてはいけないんだけど、信頼のおける医療機関なんて、難しいよね。

アメリカのUSAID(たぶん、アメリカのJICAみたいなもの)支援の某NGOのクリニックならまだ綺麗だけど、県病院とかは絶対入院したくない!!
任地で病院にかかることがない様に、気をつけなきゃ。

今週の1枚。
P6090033_convert_20100616174427.jpg
USAID支援のNGOのクリニックにて。
女医さんと検査技師さん。
Feni県にはこのNGOのサテライトクリニックが30数か所あるみたい。
USAIDの方式が、バングラの一般医療に反映されるといいのだけれど…。
関連記事
2010.06.16 Wed l バングラの生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nonnbiriikou1.blog85.fc2.com/tb.php/126-b04ef3e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。