上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日はちょっとマニアックに薬の話。

日本には西洋薬と生薬(漢方薬)があるのをご存知ですか?
漢方薬は中国や韓国から渡ってきた伝統中国医学の一種で、日本で独自に発展した漢方医学の理論に基づいて処方されるお薬で、植物や動物など自然の材料を使用して作られます。
一方、西洋薬はよく病院や薬局で見かける錠剤やカプセル・注射薬等で、漢方薬という名前に反してそう呼ばれることがあります。


以前、同僚の公衆衛生看護師(以下、PHN)とフィールドに行った際、PHNが咳止めになるからと庭に咲いていた葉をちぎって持って帰っていました。
もしかしたら、生薬という概念がバングラデシュでもあるのかな??
そう思っていたのですが、今日、見つけちゃいました!
P6280124_convert_20100629044810.jpg
↑↑(左)生薬?の本!(中央と左の手帳は気にしないで

やっぱり、そういう概念があるみたいです。
しかも発行はバングラデシュ政府。

掲載されてたものの一例…
Banana    バナナ
Mango     マンゴー
Carrot    人参
Turmeric   ターメリック
Black cumin  ブラック・クミン
Prickly chaff flower プリックリー・チャフ・フラワー   etc.(等)
マンゴーやバナナなどフルーツそれから、香辛料等。
もちろん、それ以外にも薬草らしきものもあり。

ただ、日本の生薬ほど種類は多く載ってなかったです。
本はオフィスからもらって来ちゃったので、日本で日本の生薬と効能効果を比較してみよっと☆
P6280125_convert_20100629044138.jpg

最後に、明日はWカップ決勝トーナメント1回戦の日本戦!
ベンガル人宅で応援します!!
頑張れニッポン
関連記事
2010.06.29 Tue l バングラの生活 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

No title
バングラもアジアだから、中国、インドの影響を受けているのでござるな
 果物も薬とは、考えもしなかったで候
2010.06.29 Tue l 侍. URL l 編集
>侍さまへ
インド!
それは考えなかった。
もともと、バングラデシュは中央アジアでインドと一緒の管轄だった所。
インドのコルカタとは、宗教は違っても、同じ民族、同じ言葉。
そういう意味では、インドと同じ習慣が残ってるのは当たり前だね。
気づかせてくれて、ありがとう♪
2010.06.29 Tue l nonnbiriikou. URL l 編集
No title
生薬の考え方はあるよね~☆
スパイスの国ですしね^^
バングラではホメオパシーもあるよね。

私もその生薬の本見てみたい!!

2010.06.29 Tue l まちける. URL l 編集
>まちけるさまへ
ホメオパシ-もあるんですね☆
そういえば、村医者っていう資格もあるとかないとか・・・。
まだまだ、奥が深いです、バングラデシュ!!
本は日本に持って帰りますので、その際にお見せしますね。
その前に、バングラにまた来ませんか??w
2010.06.30 Wed l nonnbiriikou. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nonnbiriikou1.blog85.fc2.com/tb.php/128-a515689c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。