上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
8月11日から始まった、ロジャ。
一般的には、ラマダンと言われている、イスラム教の大切な1ヵ月間の事です。

ロジャ期間中は、朝の日が明ける時間から、夕方の日が沈む時間まで、イスラム教徒は一切の飲食物を取らないのです。
子供や病人、妊婦さんは例外。
また、あくまでの本人の気持ちなので、バングラの場合は、その方その方のペースで実施されています。
英字新聞にも、何時から何時がご飯が食べれないのか書いてあるほど。
P8310659_convert_20100831225916.jpg
バングラは、イスラム教社会だと改めて感じる1ヵ月間です。


ラマダンって言うと、正直、何もない、と思っていました。
でも、意外と何でもあるんですよね。
いつも朝からOpenするところが、午後からになったりするけど、
暗幕の裏ではベンガル人たちがこっそりと水を飲んだり、ご飯を食べたりしている。
公衆の面前では表立って食べたり飲んだりはできませんが、外国人はもちろん気にしなくていいよ、と皆言ってくれます。

イフタル(夕方の日が沈む時間)後は小さなお祝いが始まります。
皆で、あげた野菜とか、果物とか、ミスティ(お菓子)とか、良くわからない豆の食べ物とかを一緒に食べます。
この時間に、誰かとあったら最後。
かならず、ダワットに呼ばれます^^

今日は、17時にヒンドゥ教徒宅でご飯を食べた直後に、イスラム教徒の大家さんにイフタルを御馳走になりました。
彼が私に、ロジャの由来を教えてくれました。

富める者も貧しい者も、強い者も弱い者も、私もあなたも、神様がおつくりになった。
だから、この30日間は、朝食・昼食・チャを食べずに蓄えて、このお金を貧しい人のために使うんだよ。
貧しい人の気持ちを知ることが大事だし、蓄えたお金で、貧しい人々に食べ物であったり、お金であったり、または服を与えてあげる。
そのための30日間なんだ。

イスラム教って、正直戒律が厳しすぎて怖いという印象しかなかった。
このロジャの意味を知った時、自分の小ささを改めて感じた。
バングラデシュって、本当はどんな国なんだろう。
関連記事
2010.08.31 Tue l バングラの生活 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
断食月って毎年変わるだよね 真夏だと日が長いから大変だって誰かが申していたで候

 
2010.09.03 Fri l 侍. URL l 編集
>侍kazさまへ
月の関係みたいだね。
始まるときも、明日か明後日から~って言ってたし。
終わるときもきっと、今日か明日か~ってなるんだろうな。
2010.09.03 Fri l nonnbiriikou. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nonnbiriikou1.blog85.fc2.com/tb.php/140-d6e257d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。