上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今回も派遣266日目。 2010年9月27日の話。
いい話ばかり書いても仕方がないので、たまには教訓となるようなことを書きます。

バングラに来て266日目。
バングラが想像以上に安全な国だと分かってきたころ。

保健セクター会議準備&参加のため、首都ダッカのJICAオフィスに行く途中の話です。
文具を買って、リキシャを捕まえて、いつも通り乗車。

隊員と2人で、会議の打ち合わせをしながら、移動していました。
足元には私のPC。
片手でリキシャの柱を持って、右手はきっと、荷物を持っていたのかな?

「渋滞がすごいな」
と、思っていると、急にリキシャがガクン、となった。

あっ、ぶつけられた!!
と、思ったら、右側にリキシャが傾き…

よくわからないままに倒れこんでしまいました。

あらら…と思っていたのですが、リキシャワラともう一人の隊員は地面に投げ出され、軽く出血していました。
予想以上に衝撃が強かったみたいです。
P9270905.jpg
実はぶつけられたわけではなくて、リキシャの車輪が壊れたんです
さすがにびっくりしてしまいました。

リキシャには何気なく乗ってしまうけど、バングラデシュでは何が起こるか分からないと再確認しました。
ちなみに、私は青あざを2つ作っただけで済みました^^
足元に置いていたこともあって、PCも無事でした。

バングラデシュでリキシャに乗るときは、しっかりとリキシャの柱を握って、落ちないように気をつけてましょう!!
大事なものは手に持っているよりも、足元に置いて固定した方が安全ですよ。
関連記事
2010.10.06 Wed l バングラの生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nonnbiriikou1.blog85.fc2.com/tb.php/154-c3e01d47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。