上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2010年10月15日から3日間は、ヒンドゥー教のドゥルガ・プジャのお祭りのため祝日でした。
そこで、小旅行に行ってきました。

行き先はTangail(タンガイル)。
ダッカからバスで3時間強。
タンガイルサリーや1998年に建設されたジョムナ橋でも有名です。


今回は、モドゥプール(Madhupur)森林公園へ
平家物語で有名な沙羅双樹の原生林が広がると言われていってみました。
行った先は、パイナップル畑やバナナ畑が広がる一帯のさらに奥地。
小さな広場では、クリケットの試合をしていました。

PA161116.jpg
小さな子道の両脇にはひたすらに沙羅双樹の林が続いていました。

森林公園と言うよりも、普通に森林でした^^;
しかも、ベンガル人によると、あまり奥に行くと、悪い人がいて、財布や携帯・カメラを盗まれるから奥には絶対に行かないようにとのことです。
な~んにもないところを楽しむことが出来る方にだけおススメかな。

森林公園の入り口で、帰りの車を待っていると、見なれない服装の方がちらほらいました。
話しかけてみると、ガロの方だということ。

PA161129.jpg
ガロは少数民族の1つで、独自の文化と言語を持ちます。
服装がかわいかったので、写真を撮らせていただきました^^
照れながらも、承諾していただけて良かった♪


翌日はタンガイルのアティア・モスジットへ。

PA171134.jpg
ここは1609年に建てられたモスクで、昔の10Tk札に印刷されているほど有名な場所。
「アスティア・モスジット」
へ行きたいと言うと、普通のモスクに連れて行かれました。
「プロノ・アスティア・モスジット」
古いアスティア・モスジット、と言うといいかもしれません。

入り口(正面裏側)には細かい装飾がいっぱい。
PA171140.jpg

関係者以外入ることはできませんが、(もしかしたら男性は入れたのかな?)今でも使われているモスクです。
1600年代のものが現存しているのも、これがモスクだからかもしれません。

帰りに、タンガイルサリーを作っている工場も見学してきました。
PA171149.jpg

見学と言うよりも、勝手に押しかけた感じです^^;
それでも、見せてくれるのがバングラデシュ。
本当にありがたい!

PA171144.jpg
ここで作っているサリーは1着2500~3000Tkで売られている上品質のサリーです。
この工場ではサリーは男性が作っていました。

タンガイルサリーを買って帰ることはできなかったので、次回来た時はリベンジしなきゃ!

タンガイルは、さすが織物の街。
たくさんの服屋さんがいっぱいあって、布好きの私にはとてもうらやましい街でした。
ガロ民族の方の服も可愛いデザインでした☆
おいしいパイナップルも食べれたし、とても楽しい旅でした!

PA171153.jpg
↑↑タンガイルのノトゥン・バスターミナル(新しいバスターミナル)

また、お邪魔しに伺います!
タンガイル隊員のお二人には大変お世話になりました~♪
関連記事
2010.10.18 Mon l バングラの旅 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

No title
へー!なかなかいい旅行になったね☆
タンガイルのプロノ・アスティア・モスジットは知らなかったなぁ。綺麗だね!
2010.10.19 Tue l まちあぱ. URL l 編集
>まちあぱさま
いい旅でしたよ^^
ドゥルガ・プジャでサリー屋さんがすべて閉まってたのが予想外だったけど^^;

活動でのストレスが、だいぶなくなってきたので、色々な場所に行こうと思ってます!
お勧めの場所があったら教えてくださいね!
2010.10.19 Tue l nonnbiriikou. URL l 編集
No title
おー遺跡 そして独特な衣装がとてもかわいいで候
2010.10.20 Wed l 侍. URL l 編集
>侍さま
ねっ!
衣装かわいいでしょー^^
ぱっと見た時は、サリーを巻いてるおしゃれかと思ったくらい☆
2010.10.20 Wed l nonnbiriikou. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nonnbiriikou1.blog85.fc2.com/tb.php/162-ae119999
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。