上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2010年10月19日(火曜日)

FulugaziへNGO『BRAC』の活動を見に行きました。
先週、偶然お会いしたBRACのUpazila Officerに健康教育を見に行きたいとお願いしていたのです。

10時の約束で、ちょうどの時間に着くと、Officerが入り口で待っててくれました。
BRACのマークは3か月前に変わり、先週あった看板が新生BRACの看板に変わっていました。

いつもの通り、お茶をしてから、今日の活動先へ
活動先では、SS(シャスト・ショビッカ)とSA(シャスト・アシスタント)の2名が協力して、準備中でした。

まずはFamily Planningの活動を見学。
主に、妊娠中の女性の健康チェックです。
もちろん、TTワクチン(新生児破傷風ワクチン)の回数のチェックも忘れません^^

チェックしていた項目
・尿検査(アルブミン・糖の有無)
・浮腫チェック(イリマ)/目・舌・爪での健康チェック
・脈拍・血圧・体重のチェック

PA191137.jpg
これらにより、妊娠中毒症のチェックを行っていました。
検査方法はかなり原始的でしたが、逆にこういう風にしてチェックが出来ることにびっくりしました。

郡病院等ではこれらのチェックは無償で受けられます。
私立病院等では1回200TKかかるそうです。
BRACでは、初回10Tk、2回目以降5Tkという格安料金で検査を受けることができます。

BRACは政府の手が回らない所をフォローしてくれているように見受けられました。
ただ、FP(Family Planning:政府の活動)との違いがいまいち分からなかったです。
FPでの妊婦への健康診断はあくまでもFWC(Union単位に1つある)でのチェックになるので、そこに来れない女性のためにBRACが活動しているのかもしれません。(未確認)

その他にも、SS/SAが健康教育を実施していました。
通常は1ヵ月に1回SAが中心となって、女性グループの活動を支えているそうです。
健康に関する事をする際に、SSも参加するとのことでした。

Fulugazi郡内で、BRACによる女性グループ数は290!
1グループに女性が25~30名属します。
つまり、7,250~8,700名の女性たちがBRACによる女性グループに所属している計算です。
かなり大規模な活動で、正直びっくりしました。

このほかにも、男性グループや村医者・医師等のグループなどがあるそうです。
さすが世界最大のNGO!
政府の機能の一部を果たしていると言っても過言ではなさそうです。

このほかにも、BRACはFeniにおいて結核治療のためのDOTSを担っています。
Fulugazi郡人口約13万人中、結核患者は57名とのこと。
思っていたよりは、少ないみたいです。
PA191141.jpg
女性グループのみんなと一緒に^^


郡病院に戻ると、HI(ヘルス・インスペクター)からサッカーの試合があることを聞き、行ってみることにしました。

『ボンゴ・ボンドゥ・ドゥル・カップ』

小学生を対象とした、身長5Feet以下の子供による全国規模のサッカー大会の郡大会でした。
PA191151.jpg

郡大会→県大会→管区大会→全国大会と、実施されるようです。
最近色々なところでサッカーの試合をしていると思ったら、この大会だったみたいです。
納得~☆

PA191145.jpg
子供たちに声援を送り、やっぱり、写真を撮って攻撃に振り回され^^

それでも、ここで多くの方を紹介していただいて、良い関係づくりが出来そうです♪

どこへでも行ってみるものですね☆

PA191144.jpg
試合の合間に始まった、土地整備。
穴だらけのグラウンドでも、子供たちは一生懸命走ってます!!
関連記事
2010.10.19 Tue l EPI以外の活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nonnbiriikou1.blog85.fc2.com/tb.php/163-e8a8b129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。