上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2010年10月22日 金曜日

来週からの語学研修のため、首都ダッカに滞在しています。

食材を買いに街に出ると、いつものように物乞いの子供たちに囲まれました。
いつもは、『お金ちょうだい』と寄ってくる彼ら。
私はお金は渡さないようにしています。
隊員の中にも渡す方はいますけどね!

今日の出会った9歳位の男の子。
彼はお腹すいた、バナナが食べたいと言ってきました。

バナナならいいっか、と3本買い、その子と小さな女の子に1本ずつ、渡しました。

そのあとは、あとからあとからみんなやってきて大騒ぎ。
結局、10名弱の子供たちに、バナナを買うことになっちゃいました。

やっぱり、みんな、お腹すいてるんだな、と改めて感じました。


そのあとの話。
最初の男の子。
「これ、少し食べていいよ」
自分のバナナを指さして、差し出してきました。
私が自分のバナナを買わなかったことをとても気にしたようです。
特にお腹がすいているわけではなかったので、断ったのですが、それでもずっとついて来て。
最後には、バナナをちぎって手渡してくれました。

本当は、彼の方がおなかぺこぺこなのに。

申し訳なさいっぱい。
でも、彼の優しさにとても感動して、その気持ちが嬉しくて、おいしくいただきました。

物乞いだから。
と、思ってしまっていた自分に反省。


今日、少しお腹を壊してるのは気のせいということにしておきます。
関連記事
2010.10.23 Sat l バングラの生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nonnbiriikou1.blog85.fc2.com/tb.php/164-c5dfabac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。