上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
派遣314日目 2010年11月14日(日曜日)
今日はホルタルのため、自宅待機に。

ラッシャヒの街も、朝から静かで、リキシャがちらほらと追っている程度。
バスはほぼ終日運休。

仕方ないので、家で大人しくして、落ち着いてからお邪魔した隊員の職場へ行ってきました。
近いので、用心しながらの出勤。
でも、日常生活が戻りつつありました^^
PB141403.jpg
女性のための職業訓練校(ラッシャヒ・モヒラTTC)
多くの少女たちが学んでいます。
今はイード休みで学生たちは不在でした^^;

その後、隊員の上司宅へ。
そこではラッシャヒ名物、カライルティに舌鼓。
PB141411.jpg
カライルティとは、辛いからじゃないですよー!
カライと言う豆の粉?を使って作ったルティの事です。
この家では米粉とカライの粉を混ぜて作っているので、歯ごたえばっちり…。
むしろ、硬かったー!
この歯ごたえがいいみたいです。

ラッシャヒの街は、普段の喧騒を取り戻しつつありました。
PB141443.jpg

午後には、外出禁止も撤回されたので、ポッタ川(インド名:ガンジス川)からの夕日をのんびり眺めました^^
PB141446.jpg


そうそう、ラッシャヒ周辺のチャって不思議なんです。
とてもまろやか、甘さも適度^^

理由は、これ。
PB141472.jpg
実はチャドカンで、牛乳入りのチャが飲めるんです。
かなり贅沢~♪
ラッシャヒへ行かれる際は、ぜひぜひチャドカンでおチャ飲んでくださいね☆


派遣315日目 11月15日(月曜日)
今日からバスが再開するので、朝8時過ぎにバスに乗り、約一時間。
プティヤへ向かいました。
(プティヤるテンプル・デクテチャイと言えば、下ろしてくれます^^)

プティヤはヒンドゥ寺院が一帯に広がる、小さな村です。
村の日常の中に寺院がある。
ヒンドゥ寺院のすぐ横には、モスクがある^^
なんだか、不思議な場所でした。
世界遺産にはなっていないけど、ここはバングラデシュの中でもお勧めの観光地だと思います!
PB151510.jpg

ヒンドゥ寺院内に住む女性。神にささげる料理でも作ってる…のかな?
PB151519.jpg

PB151542.jpg
寺院群は、池の周りにたくさんあります。
PB151546.jpg

プティヤの寺院群は中に入ることが出来ます。
ただし、管理人が鍵を持っているので、彼がいる時だけ。
隊員の方はラッシャヒ隊員が連絡先を知っているので、連絡を取るといいですよ^^
それ以外の方は…中に入れるかどうかはいっしゃーらー(神のみぞ知る)です。
見学後は、お礼を忘れずに☆

今回は、シヴァ寺院でのオヌスタンも見せてくれました。
連絡していくと、特典いっぱいです☆


当初、この日はクスティア観光の予定でしたが、ホルタルの影響でクスティア観光出来ず><
バスでクスティア経由でクルナへ。
クスティアまで約3時間、クスティアからクルナへは約5時間。
クルナでは、クルナ隊員の作った料理をご馳走になって、今日の一日が無事に終わりました。

バングラデシュの旅行は、日程に余裕を持って。
これは大事だね~♪

PB151576.jpg
イード前で、しかも前日はホルタルでバスが運休したため、どのバスも満席。
バスの屋根上も、人と荷物でごった返しています。


追記)ホルタルとは???
 ホルタルとは野党が政治的に反対する為の集会やデモ等を行うことです。
ホルタル自体はそこまで危なくないと言われていますが、(いや、危ない場合も多いけど)ホルタルに同じて、一部の民衆が暴徒化し、暴行や強盗、引ったくり、店舗の破壊等が行われることがあり、バス等公共交通機関はほぼストップします。
車が襲われて、窓ガラスが割れれるのはよくあることのようです。
 最近、政治的に不安定になってきています。
バングラデシュへの旅行を考えていらっしゃる方は、ホルタル情報には十分に注意してください。
でも、バングラデシュはホルタル・デモ、交通事故以外はとても安全な国です^^
関連記事
2010.11.23 Tue l バングラの旅 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
女性専門の職業訓練校があるなんて、すごいでござるな 授業料は無料でござるか?
2010.11.26 Fri l 侍. URL l 編集
>侍さま
一般の職業訓練校の敷地内に、女性専用の職業訓練校があります。
授業料は…聞いてないや^^; ごめん、分かりません。
高校くらいから、女子高とか、女子用のカレッジとかあるのは、きっと、宗教的な所もあるだろうね。

女性はカレッジとか行く頃には結婚しちゃうことが多いから、結婚して、子供を育てて、手が離れてからまた学び直す人とかも多いです。

女性の自立の問題はどこでも難しいねー。
学びたい女性が多いのも特徴です♪
2010.11.26 Fri l Nonbiriikou. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nonnbiriikou1.blog85.fc2.com/tb.php/172-f510a73e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。