上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2011年2月13日(日曜日)~17日(木曜日)

NIDが終わった翌日から4日間、HA(ヘルスアシスタント)やFWA(Family Welfair Assistant)達がボランティアの協力を得ながらサーチングを実施します。

私たちは、彼らや1stLine Supervisor(彼らのフォローをする人)達がきちんと仕事をして、すべての子供たちにポリオワクチンが投与されているかどうか、チェックしていく活動を行いました。

P2160417.jpg
彼は手伝ってくれた、HI。
赤いキャリア・ボックス。
この中に、ポリオワクチンが入っています。
このキャリアボックスを持っている人が来ると、ポリオを投与しに来たと、みんな分かってくれます。
認知度は予想以上に高いんです!!

P2150410.jpg
いろんな道をひたすら歩いて、サーチングです。

P2160418.jpg
家にはこの日付。
この日にサーチングを行って、確認しましたというしるしです。
ちゃんと、1stラウンドと2ndラウンドの両方のマークが描かれてます^^

P2150406.jpg
生後3日目の赤ちゃん。
NID後に生まれた小さな命。
彼女にも、ちゃんとポリオを与えました^^


さて、バングラデシュは大部分をインドと国境に接しています。
Feni県は南以外ほぼすべてをインドと接しています。

P2170422.jpg
至る所に、高い柵。
向こう側はインドです。

でも、本当の国境はこの柵ではないのです。
初めて知りました!!

本当の国境は・・・ここ。

この石が国境のしるし。
P2130367.jpg
バングラ側

P2130366.jpg
インド側


中には、高い柵の内側のインド領土内に、家があり、インドの住民とバングラの住民が一緒に生活している場所もあり、なかなか面白かったです。
P2170424.jpg
標識の向こう側はインド領土、家はすべてインドの住民の家です。

高い柵の合間にあるゲートから行き来して、学校や職場へ通っているとのこと。
ちなみに、買い物はバングラ内ですることが多く、ルピーよりもタカの方がよく使うのだとか(笑)
パスポートも持ってるよ~!
住民がそう話してくれました^^

Feni県内でインド国籍の人が良く遊びに来ている理由がよくわかりました。

同時に、Feniが感染症の重要なポイントであることも再認識させられました。

無事にNID1stと2ndを終えることが出来ました。 一安心^^
関連記事
2011.02.23 Wed l EPIの活動 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

No title
 国境のしるしの石 以外に簡単なものでござるな
じゃ あの柵はなんでござるか?
2011.02.24 Thu l 侍kaz. URL l 編集
>侍Kazさま
国境の先にある柵・・・

なんなんだろうね^^;
他の県にもインドの飛び地があったり・・・。

バングラデシュ・パキスタン・インド。
もともとは一つの国だった影響がここにも表れてるよね~。
2011.02.25 Fri l Nonbiriikou. URL l 編集
No title
そうそう。

うちの県には、ポリオを飲んでいない子供や、サーチングされていない家がた~くさんあって、超ショモッシャです・・・。
これじゃポリオ撲滅できません・・・(汗)。

この現状を、NIDのヘッドクウォーターに問題提起してください。
詳しくは、来月。
2011.02.28 Mon l whiski. URL l 編集
>whiskiさま
うん。
来月・・・というか、今週色々と伺います!
その時はよろしくね♪
2011.02.28 Mon l Nonbiriikou. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nonnbiriikou1.blog85.fc2.com/tb.php/208-5eef2894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。