上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
久しぶりに会ったり、私が日本人だと知ると、まずベンガル人が聞くこと。

『津波は君の家は大丈夫だったの?』

この言葉は3月11日の東日本大震災以降、毎日誰かに尋ねられる言葉です。

それは、2カ月が過ぎた今でも、まだ、日々多くの方に声をかけていただいています。


この声を、被災地に届けよう。
そういうプロジェクトがあることも知っていました。

でも、関わらずにいました。

大震災から、2カ月。

でも、そう、今でさえ、多くの方が日本の現状を心配してくださっていること。
その声を届けないのは、なんだかもったいないな、と。

その声を届けることが出来るのが、今、私がここにいる意味なのかな?
と、考えるようになりました。


他の途上国の現状は知らないけれど、バングラデシュに住む人々は日本が大好き。
親日家が非常に多いです。

彼らの気持ちが少しでも被災者のもとに届きますように。
彼らの言葉をそのまま伝えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
IMG_4118.jpg
আ্‌মি সুনামী কৃত এলাকার জন সাবীরন কে দুঃক্ষ কষ্ট কাটিয়ে উঠতে মহান আল্লার নিকট প্রথিনা করছি।
মোঃ ছাদেক এম/এ

私は津波に遭われた被災地の皆さまにお見舞い申し上げるとともに早い復興を神にお祈りしています。
M. Chadek, MA(Medical Assistant)
2011/5/12

彼はFulugazi郡の某NGO(?)のMedical Assistant(補助医師)。
彼のボロバイ(お兄さん)は日本に行ったことがあり、お兄さんの子供たちも日本で生まれました。
日本の事は彼から色々と聞いているとのことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このメッセージは私に日本は大丈夫か、と声をかけてくれたベンガル人のうち、日本へのメッセージを書いてみない?と提案して、快諾してくださった方にお願いしています。
スペル、日本語訳は私のベンガル語力の範囲内でお伝えします。
関連記事
2011.05.16 Mon l 被災者へのメッセージ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nonnbiriikou1.blog85.fc2.com/tb.php/260-d4c97a9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。