上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2011年5月24日(火曜日)
今日は調査と見学、それから会議を2か所はしごしてきました。

BRACって聞いたことありますか?
世界最大のNGOと言われているBRACですが、特に結核関連、健康教育関連の働きに私は注目しています。

結核の治療の基本はDOT。
DOTとは、患者が服用するのを誰かがきちんとチェックして、目の前で飲んでもらうこと。

バングラデシュでは、結核の薬は政府からBRACに渡され、無償で服用することが出来ます。
IMG_4312.jpg IMG_4314.jpg
(左)15歳以上、初回から最低2ヶ月間服用。4種混合薬
(右)15歳以上、検査で陰性になってから、こちらの薬に切り替え、最低6カ月飲みます。2種混合薬


BRACの方に、バングラデシュの現状を色々と伺い、一緒に患者のもとへ。
患者さんに話を聞かせていただいて、勉強してきました。

朝起きたらまず、患者さんはボランティアの家に行きます。
そこで、薬をもらい、ボランティアの家で飲みます。
飲んだ後は、ボランティアさんに患者さんの服薬チェックシートにチェックをしてもらい、30分くらいあけてから、ご飯を食べることが出来ます。

私は日本で結核患者さんの服薬指導をしていたことがあって、とても懐かしく思いました。
IMG_4327.jpg
患者さんとご家族と、BRACのスタッフ(左右の男女)

ボランティアさんにも色々とお話を伺いました。
IMG_4332.jpg
患者さんとボランティアさん。

BRACの健康ボランティアは基本的に300軒に1人いるようです。
基本はボランティア。無給。
ミーティングの交通費や結核患者さんが良くなった後の少しばかりの報奨金しかもらえません。
でも、地域の健康のためにと、頑張ってるんですよ!


11時からは、県保健衛生事務所のビタミンAプラスキャンペーンのプレスミーティング。
IMG_4338.jpg
記者さん達の鋭い指摘に、ドキドキでしたが、数日前に赴任した新しい県保健事務所長はきちんと一つ一つ丁寧に説明していました。
もしかしたら、今日のローカルTVに映っていたかもしれません(笑)


もうひとつの会議は15時から、ポールショバ(指定都市)の同キャンペーンのボランティア向けのトレーニング。
私は2つのお願いをしました。
1つ目は、担当者が指導し忘れたことの補足。
もう一つは、ゴミの扱いについて。
担当医師も同意してくれて、しっかりと補足してくれたので、伝わったかな?
少しは考える人が出てきてほしいね!!
IMG_4356.jpg
フェニの指定都市のEPI管理者(SI)。


ビタミンAプラスキャンペーンは2011年5月29日(日曜日)。
1歳~5歳の子供にビタミンAを、2歳~5歳の子供に駆虫薬を投与します。
(一部地域では、パイロット的に1歳未満の子供にもビタミンAを投与します)

子供たちの健康を守るための大事な一日。

当日、身近な子供たちに、『お薬飲んだ?』と聞いてみてください。
関連記事
2011.05.25 Wed l EPIの活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nonnbiriikou1.blog85.fc2.com/tb.php/267-e85c7cf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。