上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2011年8月2日(火曜日)

今日からロジャ(断食)が始まりました。

ロジャとは、イスラム教の行事の一つで、太陽が昇っている間は何も食べない、というものです。
一切の飲食を断ちます。
水さえ、飲みません。

とはいえ、ヒンドゥ教徒の方は全く関係ないのですが、ほとんどのレストランは夕方まで閉まってしまいます。

断食中のベンガル人は睡眠時間が減るため、活動に支障が出ることがほとんどです。
☆フェニのイスラム教徒の同僚の一日☆
0:00  就寝
3:00  食事準備
3:30  食事
4:00  お祈りタイム(1時間半)
5:30  就寝
8:00  起床
9:00  仕事
14:00  お祈りタイム
15:30  仕事終わり(CSの場合)
     睡眠?休憩
18:45  イフタル(この前後にお祈り)
     イフタルと呼ばれる食事を食べます。
21:30  お祈りタイム
23:00   夕食  

ロジャだから、頭がおかしくなって…という人が増えてきます。
大変だと思うんだよね~。
でも、それを頑張って30日間続ける、敬虔な信徒。
宗教って、すごい。

ロジャすると、糖尿病等の病気が良くなる、やせることが出来る(ベルトが使えなくなるくらい・・・)からおススメだよ、と言われてしまいました。

はい。
日本に帰るまでにはダイエットします^^;


ダッカへの道中、バスは18:35にレストランへ。
そこでは、みんながいっせいに、イフタルを購入し、45分になるのを待ちます。
アザーンが鳴り、一斉にみんなが食べ始める光景は、とても不思議でした。

その横で、ヒンドゥー教徒の家族が静かに見守っている姿が印象的でした。
関連記事
2011.08.02 Tue l バングラの生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nonnbiriikou1.blog85.fc2.com/tb.php/311-ed4ecddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。